冬の恋人たち--軽井沢より

アクセスカウンタ

zoom RSS No18--「城下町松代」--冬の恋人たち(軽井沢より)

<<   作成日時 : 2005/09/19 05:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
軽井沢ICから上信越道にのり、長野ICで降りる。そこから10分ぐらの所に、城下町「松代」がある。長野インターを降りると、すぐ目の前に「六文銭」が見える。そうここは真田一族ゆかりの地である。

松代を訪ねたのは町が色づき始めた10月である。

その日はくっきりと晴れ渡り、すがすがしい朝であ

が、かなり冷こんでいる。そして、上信越道を走ら

せた。まず、松代城跡を訪ねた。石垣、土塁が残

されているだけであるが、現在、その他の門、橋等

を復元している最中のようでる。武家屋敷の面影がしのばれる真田邸、旧松代藩文武学校、真田家家宝の武具、調

度品などを所蔵する真田宝物館と見学することができる。文武学校ではピーンと張った空気の中、弓の稽古が行わ

れていた。おもわず息を止め、見つめる中、ギ、ギ、ギーッと引いたその瞬間、放たれた矢は的の中心に突き刺さっ

た。そして、誰もいない黒光りした床の道場。昔、ここで行われた厳しい稽古風景が偲ばれる。

そして、忘れてはならないもうひとつの歴史がある。松代象山地下壕である。

松代象山地下壕とは・・・

松代象山地下壕は、第2次世界大戦の末期、軍部が本土決戦最後の拠点として極秘のうちに、大本営、

政府各省等を松代に移すという計画の下に構築したもの。
 

以上、松代公式ホームページ抜粋。

帰途、千曲川に夕日が映えて、秋の夕暮れは美しい。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
No18--「城下町松代」--冬の恋人たち(軽井沢より) 冬の恋人たち--軽井沢より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる