冬の恋人たち--軽井沢より

アクセスカウンタ

zoom RSS No.10--「ほたるの里」--冬の恋人たち(軽井沢より)

<<   作成日時 : 2005/07/05 12:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 軽井沢町の南側に広がる地区に発地(ほっち)という地名の場所がある。北側に位置する旧軽井沢とは違い、ここは豊かな自然が残されている。

広々とした田園風景が広がり、新鮮な野菜が作ら

れている。この発地地区を知ったのは、夏の観光

シーズンである。自宅から軽井沢インターまで行

くのに、18号線が大混雑するのである。そこで、裏

道を探していて、偶然見つけたのだ。それから、この田園風景が気に入り、インターへは必ずこの道を通ってい

る。冬の景色は真っ白な田園にあぜ道がまっすく伸びていて、空は真っ青に晴れ渡り、すがすがしい。浅間山

も雪でおおわれ、山頂からは白い煙が出でいる。そんな、発地地区が「ほたるの里」であることを知った。そし

て、梅雨も中ごろの6月の終わりに「ほたるの里」を訪ねてみた。

ホタルが飛び始める夜の八時頃に現地に到着してみると、もう、暗闇の中には大勢の人たちが見学にきている。

きっと、楽しみにしているんですね。早速、車を止め、暗闇の田園の中に歩いていく。すると、すーっと、青白い

光が5秒ぐらい筋を引いて飛んだ。ゆっくりとした動きである。暗闇の舞台の上で踊ることを楽しんでいるようで

ある。「ゲンジボタル」だそうである。すると、ふわふわと光がこちらに近づいてきた。おもわず。手のひらを広げ

ると、そっと止まってくれた。時間にして1秒ぐらいであったが、幸せを届けてくれたような気が感じた。そして

ふわふわとした光はまた暗闇に戻って行った。ホタルの数はまだまだ少ないとのことであるが、充分、楽しま

せていただいた。梅雨の真っ最中なのに晴れて、星が見えている。星の光とホタルの光の競演である。手に届

きそうで届かない。でも、届いたら、きっと消えてなくなりそうな、そんな光である。

梅雨の季節に訪れる数週間の贈り物である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
No.10--「ほたるの里」--冬の恋人たち(軽井沢より) 冬の恋人たち--軽井沢より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる