冬の恋人たち--軽井沢より

アクセスカウンタ

zoom RSS No4--「フレンチレストラン・ローザ」--冬の恋人たち(軽井沢より)

<<   作成日時 : 2005/06/10 15:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 料理研究家の山本麗子さんが開いたお店が旧軽井沢のロータリーに開店したという案内を軽井沢駅前に置いてあるパンプレットで偶然見つけた。

山本麗子さんは料理の本を何冊も出版されていて、テレビの料理番組

でもお見かけしたことがある。山本麗子さんの本を手にとるようになった

のは、軽井沢の隣町である御代田町の浅間サンラインの近くに住んで

いらっしゃるということが第一の理由であった。

もちろん、料理もいろいろと参考にさせていただいており、私の得意料

理はその本からアイデアをいただいたものがほとんどである。

秋も深まった暖かい小春日和の日のランチに出かけた。おしゃれな木のドアーを開けるとお店の方が「いらっ

しゃいませ、コートはお預かりします」と私の着ている厚手のダウンジャケットを見て言った。そう、秋とはいえ

もう既にりっぱなコートを着込んでいたのだ。お店の中はベージュをベース色にしてまとめている。そして、と

ころどころに深紅のバラが飾ってある。ベージュと深紅がマッチしてとってもおしゃれである。料理は四種類のラ

ンチメニューが用意されていた。その中でもボリーム満点な「オムライス」が絶品である。フレンチというとなん

となくきれいに盛り付けされているが量が少なくて、男性にはちょっとという印象があるが、「ローザ」のオムライ

スは気取りがなく男性にもお勧めである。

11月の週末の旧軽井沢は静かでおちついた空気が流れている。既に木々は葉を落とし、静かに休養の時期を

迎えている。ローザを出で、旧軽井沢通りを散策する。チャペル通りを通り、裏手の教会の前を通ると丁度、純

白のドレスに身をつつんだ花嫁さんがでで来た。大勢の祝福を受け、にこやかに笑う。

そして、何かを買うあてもなく、ブラブラと一軒一軒、お店の中をのぞきこみながら歩いていく。夏では人が多く

てとてもできない。旧軽井沢を一人占めという感じである。時間もゆっくり流れている。でも、秋の陽は短く、急

に冷え込んできたようだ。太陽がだいぶ西に傾いている。今日のランチはフレンチだったから、夕食は泥つきの

大根でも買って、味噌汁にでもしようと考えながら、車に乗り込んだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
No4--「フレンチレストラン・ローザ」--冬の恋人たち(軽井沢より) 冬の恋人たち--軽井沢より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる